マイト・ガイ[終焉の紅き猛獣]

No.0520
マイト・ガイ[終焉の紅き猛獣]のイラスト
ステータス
レア度 5 属性
所属 木ノ葉 コスト 80
Lv20 Lv40 Lv60 Lv80 Lv100
HP 9512
攻撃力 28557
防御力 5349
素早さ 149
回避率 24%
会心率 23%
会心力 220%

体術夜ガイ

  • 発動 最速
  • 消費 100

紅蓮の飛龍如く、空間を斬り裂く究極蹴撃。敵単体に耐性無視の100,000ダメージを与える。自身のHPが大きく減り、その後行動不能になる。HP回復量が大幅ダウンする。『開』状態の場合は500,000ダメージを与える。

体術第七驚門…開!!

  • 発動 最速
  • 消費 40

チャクラを開放して一時的に自分の能力を高める。攻撃力と素早さを30%アップし、『開』状態にする。スキル使用後にHPが下がる。【特殊状態:開】攻撃力が1000%アップし、確率でスキルを回避する。

隊長スキル終焉の紅き猛獣

攻撃力と体術スキルのダメージが30%アップする

アビリティ1青春の最高潮

8回行動するまで、攻撃力と防御力と素早さが100%アップする

アビリティ2紅き猛獣

会心率と会心力が50%アップし、弱体を無効化する

詳細
誕生日 01/01 年齢 31歳
身長 184.0 体重 76.0
血液型 B 星座 山羊座
”八門遁甲の陣”最後の門ーー死門。。それは諸刃の剣。莫大な力と引き換えに、己の命を散らす未来がもたらされる。自分の大切なものを死んでも守り切る時…マイト・ガイはマダラとの最終決戦に挑む。

図鑑等の数値が入っていない箇所は情報募集中です

コメント

招待コードの書き込みは禁止しております。招待コードはこちらに書き込みをお願いいたします。

匿名2017/8/3 11:16

8

匿名2017/8/3 11:15

オフショット

匿名2017/8/3 11:15

7

匿名2017/8/3 11:14

6

匿名2017/8/3 11:14

5

匿名2017/8/3 11:13

4

匿名2017/8/3 11:13

3

匿名2017/8/3 11:13

2

匿名2017/8/3 11:06

vol1

匿名2017/8/1 15:26

8000万出ないと使わない

匿名2017/7/21 20:11

え!?謎!
えっ?何故?えっ?!謎

匿名2017/6/30 9:37

とっとっとガイ〜〜

匿名2017/6/29 0:52

ガイジかな

匿名2017/6/24 9:32

探し出した彼女は既婚者でした。それでも、千尋を愛し守りたいという主人公の想いは消えず、次第にストーカーのような行動をとるようになります。ストーカーとなった主人公が目の当たりにした憧れの彼女の人生や歪んでいるけれど真っすぐな主人公の想いなど独特の方向から読むことができます。

本作品はホラー小説の中でも怪奇現象系ではないため、暴力的なグロテスクさに怖さを感じられます。生々しい表現や「生きている人間の怖さ」を味わうことができる一作です。

そして、一遍変わった主人公と共に進むこの『アンダー・ユア・ベッド』を読み終わる頃にはとても不思議な感覚に包まれてしまうでしょう。じわりじわりと現実的な怖さを感じながらも、一貫した主人公の想いにぐっと切ない気持ちになるでしょう。

ホラー要素を存分に感じさせながらも純愛とも呼べる気持ちを描いた、人間の心理の多面性が感じられるホラー小説です。

匿名2017/6/24 9:31

この小説の一番の魅力はなんと言っても蟹のかわいらしくて憎めないキャラクターです。テレビを見て言葉を覚えたということで、コミカルな口調で話します。落ち込む主人公に水を持ってきてあげたり、布団をかけてあげたりする優しい一面も。

この作品は日本ホラー小説大賞優秀賞を受賞しており、選考委員の高橋克彦や宮部みゆきも絶賛しています。
高橋氏「最後の感動的とも言える蟹の覚悟!」
宮部氏「ラストの染みいるような喪失感に感じ入る」
(選評より)

読後は、しばらく蟹は食べられないと思う人と、なんだか蟹が食べたくなってきたと思う人に分かれるようです。あなたはどんな感想を抱くのでしょうか。

匿名2017/6/24 9:29

表題作「ぼっけえ、きょうてえ」他、「密告箱」「あまぞわい」「依って件の如し」の4作を収めた短編集。

岡山を舞台とした、じっとりねっとりした纏わりつくような怖さが堪能できます。

ちなみに「ぼっけえ、きょうてえ」とは方言で「とても、怖い」という意味。はい。まさにその通りでした(´д⊂)

匿名2017/6/24 9:28

東北を舞台にした7編からなるホラー短編集。

どのお話も「怖い」のは共通しているのだけど、それぞれ味わいが違っていて非常に楽しめます。文章も読みやすくスッと物語の世界に入り込めるのも良いですね。

表題作「私の骨」は、床下から発見された骨壷になぜか自分の生年月日か書いてあって、、、(σ゚д゚

匿名2017/6/24 9:28

ホラー作家の「私」の元に読者の久保さんから、引越し先のマンションの部屋で変な音がする、という手紙が送られてくる。そして「私」と久保さんは調査を始めるのですが、、

これですよ。このジメジメしたゾクゾクする、後に残る怖さ。最高です。映画ももちろん怖かったですが、個人的にはやっぱり文章の方が深みがあって怖さ倍増。

映画を観た方もぜひおすすめです(。・・)ノ

匿名2017/6/24 9:28

妻を亡くしたホラー作家の主人公。娘と一緒に暮らしていたが、二人の周りで奇妙な出来事が起こり始める。

なんだか児童書のようなホラーですが、中身はしっかり怖いです。気持ち悪い系の怖さですね。

文章も読みやすくサラッと読めてしまうのもおすすめポイント。ストーリー自体も面白いので楽しめます(*´艸`)

匿名2017/6/24 9:27

タイトルや表紙絵から「え?ホラーなの?」って感じですが、しっかりホラー。しかも泣けるホラー。

表題作「かにみそ」は拾った蟹が人を食べ始めちゃうって展開なんですが、、。まさかあんな展開だとは。ホラー小説でこの読後感はなかなか味わえません。

同時収録の「百合の火葬」もおすすめ(・∀・)

匿名2017/6/24 9:27

続いても恒川光太郎さんの作品。

同じ1日を何度も繰り返すリプレイヤーを描いた表題作『秋の牢獄』を始め、とある家に迷い込み出られなくなった青年の物語『神家没落』、特殊な能力を持った祖母に囚われた少女を描いた『幻は夜に成長する』、の三編が収められています。

いずれも恐怖感は薄く、幻想的な雰囲気と世界観に酔いしれる不思議な物語。ぜひ恒川光太郎さんの世界観を堪能してみてください。

匿名2017/6/24 9:26

ゾクゾクするホラー小説、というより幻想的で不思議な世界観の物語です。なので力まずに読めるし、なによりとっても面白い。

「夜市」「風の古道」の二編が収められています。

表題作『夜市』は、弟と引き換えに「野球の才能」を手に入れた少年の物語です。月日は流れ、そのことを後悔した彼は弟を取り戻すため、再び夜市に訪れますが・・・。

もう一方の『風の古道』も、怖いというより「不思議な世界に迷い込んでしまった」という物語。

どちらも見事に良作なんですよね〜(´ω`)

匿名2017/6/24 9:26

定番にして名作。「玩具修理者」「酔歩する男」の二編からなる短編集です。どちらも逸材。

「玩具修理者」は男女の会話を中心にゾクゾクする雰囲気を漂わせながら物語が進む。そしてシンプルに、ビシッと決まるラストが素晴らしいです。

そして「酔歩する男」の怖さ。幽霊とか殺人鬼とか、そういうレベルじゃないヤツです。精神的にやられます。

匿名2017/6/24 9:26

「暴落」「受難」「鼻」の三編からなるホラー短編集。どれも面白いですがやはり表題作の『鼻』がすごい。

人間たちがテングとブタに分けられた世界。ブタに殺されるテングを救うために、「私」はブタへの転換手術を試みるが、、、。

怖い、だけでなくそれ以上の面白さを味わえます。おのオチをご覧あれ。

また、人間の価値が全て株式市場によって決められる社会を描いた『暴落』の世界観もすごいです。

そして『受難』は、気がついたら狭くて汚いビルとビルの間に、手錠で繋がれて拘束されていた男の話です。

ああ、全部面白い。

匿名2017/6/24 9:25

さて今回は暑い季節にぴったり、ただ怖いだけではなくて「怖いけど面白い!読むのがやめられない!」って思ったおすすめホラー小説をご紹介です。

まあ要は、「ただ怖いだけでなく小説としてしっかり面白い」ってことですね(・∀・*)

一口にホラー小説と言ってもその怖さは様々です。

幽霊やお化けが怖いのか、人間が恐ろしいのか、奇妙な世界を体感させてくれるのか、はたまた原因不明の呪い的なものなのか。。。

ぜひ、いろいろな「怖さ」を味わってください。ちなみに、「実話怪談集」系の作品は抜いてあります。

画像を添付できます