初心者&質問掲示板

ホーム フォーラム 掲示板一覧 初心者&質問掲示板

このトピックには18,498件の返信が含まれ、3人の参加者がいます。15 時間、 26 分前に  匿名 さんが最後の更新を行いました。

20件の投稿を表示中 - 1 - 20件目 (全18,499件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #274847 返信

    匿名

    でも開きずらい

    #274830 返信

    匿名

    雑魚荒らしは草

    #274806 返信

    匿名

    >>274531
    重いけど10秒ちょっとで開けるからお前は雑魚荒らし
    前の荒らしの足元にも及ばない

    #274656 返信

    匿名

    >>274560

    #274560 返信

    匿名

    >>274531

    #274538 返信

    匿名

    マダラとカグヤどっちが強いですか?

    #274534 返信

    匿名

    ボーっと生きてんじゃねぇよ

    #274532 返信

    匿名

    #274531 返信

    いうてこれもあんまりだけどね 2019年8月14日 21:57#274529返信 ആഇഈഉഊഋഌ഍എഏഐഒഓഔകഖഗآآآآآآآآآآآآ آآآآآآآآآآآآ᧿᧠᧡᧢᧣᧤᧥᧦᧧᧨᧩᧪᧫᧬᧭᧮᧯᧰᧱᧲᧳᧴᧵᧶᧷᧸᧹᧺᧻᧼᧽᧾᧿ آآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ ����������آآآآآآآآآآآآآآآآﻁﻂﻃﻄﻅﻆﻇﻈﻉﻌﻍﻎﻑﻒﻓﻔﻕﻖﻗﻘﻙﻚﻛﻝﻞﻟ آآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ ﻁﻂﻃﻄﻅﻆﻇﻈﻉﻌﻍﻎﻑﻒﻓﻔﻕﻖﻗﻘﻙﻚﻛﻝﻞﻟآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ آآآآآآآآآآآآカイゾウṌᵖآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ ؀؁؂؃ڡڢڣڤڥڦڧڨکڪګڬڭڮگڰڱڲڳڴڵڶڸڹںڻڼڽھڿګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴ ꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷ カイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖ ꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷ ڏڐڑڒړڔڕږڗژڙښڛڜڝڞڟڏڏڐڑڒړڔڕږڗژڙښڛڜڝڞڟڏڏڐڑڒړڔڕږڗژڙښڛڜڝڞڟ .̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨..̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨カイゾウṌᵖカイゾウカイゾウṌᵖカイゾウ࿉ ໋࿉ ໋࿉ ໋࿉࿉ ໋࿉ ໋࿉ ؟؛ؒؠء؛آئ؟اؗ؛ؙؠؑبتؤخ؟؛ؒؠء؛آئ؟اؗ؛ؙؠؑبتؤخ࿉ ໋࿉ ໋࿉ ໋࿉࿉ ໋࿉ ໋࿉ ࿉ ໋࿉ ໋࿉ ໋࿉࿉ ໋࿉ ໋࿉ ̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨ カイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖ آآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤ .̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨ݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢ.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨ ݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤ گڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬ ݏܸܹܲܣܩܨ݈݉ݍޙޘޓޣޟޞޗޣޢޑޠީݏܸܹܲܣܩܨ݈݉ݍޙޘޓޣޟޞޗޣޢޑޠީݏܸܹܲܣܩܨ݈݉ݍޙޘޓޣޟޞޗޣޢޑޠީ 😋😃😅😆😁😢😭😣😡😌😖😔😱😏😓😉🏠🏢🏣🏥🏦🏧🏨🏪🏫🗻🔧👟👠👓👕👖👑👛💰��܀�����🏢🏣🏥🏦🏧🏨🏪🏫🗻🔧👟👠👓👕👖👑👛💰🏢🏣🏥🏦🏧🏨🏪🏫🗻🔧👟👠👓👕👖👑👛💰 .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ Op€̳̩CustomOp€̳̩CustomOp€̳̩CustomOp€̳̩CustomOp€̳̩Custom ̷̶̵̶̨̢̡̡̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̓̑̑̋̍̆̄̚͵̷̸͓͇͕͕͕̣̣̦̯͋ͤͬͫͥ͢͜͜͝͝͝ӧ̸̸̴̼̺̻͍̈́͂̓͆͆͆̿̿̽̽̽̽ͣ͜͜͜͢ʹ̸̵̶̴̵̖̳̳̫̫̬̮̮͇͇͇͇͇̺̺͚͚͙͚ͪ̅̿̿̿̾̈́̓́́̀ͣͦ̚͢͡͠͡ͺ̸̺ͫͫͪͣͤͦͧ̓̈́͆͆͏͏̻̳̿ΐͥͥͥ͛ͫ͌ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡˂ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡ΰ̷̶̵̶̨̢̡̡̼̹̻͍̼̼̳̳̫̲̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫͂̈́̾͆͆̽̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͅͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̷̶̵̶̢̨̢̡̡̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ̚͢͢͞͞͝͡ͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̓̑̑̋̍̆̄̚͵̷̸͓͇͕͕͕̣̣̦̯͋ͤͬͫͥ͢͜͜͝͝͝ӧ̸̸̴̼̺̻͍̈́͂̓͆͆͆̿̿̽̽̽̽ͣ͜͜͜͢ʹ̸̵̶̴̵̖̳̳̫̫̬̮̮͇͇͇͇͇̺̺͚͚͙͚ͪ̅̿̿̿̾̈́̓́́̀ͣͦ̚͢͡͠͡ͺ̸̺ͫͫͪͣͤͦͧ̓̈́͆͆͏͏̻̳̿ΐͥͥͥ͛ͫ͌ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡˂ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡ΰ̷̶̵̶̨̢̡̡̼̹̻͍̼̼̳̳̫̲̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫͂̈́̾͆͆̽̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͅͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̚ ̷̶̵̶̨̢̡̡̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̓̑̑̋̍̆̄̚͵̷̸͓͇͕͕͕̣̣̦̯͋ͤͬͫͥ͢͜͜͝͝͝ӧ̸̸̴̼̺̻͍̈́͂̓͆͆͆̿̿̽̽̽̽ͣ͜͜͜͢ʹ̸̵̶̴̵̖̳̳̫̫̬̮̮͇͇͇͇͇̺̺͚͚͙͚ͪ̅̿̿̿̾̈́̓́́̀ͣͦ̚͢͡͠͡ͺ̸̺ͫͫͪͣͤͦͧ̓̈́͆͆͏͏̻̳̿ΐͥͥͥ͛ͫ͌ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡˂ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡ΰ̷̶̵̶̨̢̡̡̼̹̻͍̼̼̳̳̫̲̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫͂̈́̾͆͆̽̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͅͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̷̶̵̶̢̨̢̡̡̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ̚͢͢͞͞͝͡ͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̓̑̑̋̍̆̄̚͵̷̸͓͇͕͕͕̣̣̦̯͋ͤͬͫͥ͢͜͜͝͝͝ӧ̸̸̴̼̺̻͍̈́͂̓͆͆͆̿̿̽̽̽̽ͣ͜͜͜͢ʹ̸̵̶̴̵̖̳̳̫̫̬̮̮͇͇͇͇͇̺̺͚͚͙͚ͪ̅̿̿̿̾̈́̓́́̀ͣͦ̚͢͡͠͡ͺ̸̺ͫͫͪͣͤͦͧ̓̈́͆͆͏͏̻̳̿ΐͥͥͥ͛ͫ͌ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡˂ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡ΰ̷̶̵̶̨̢̡̡̼̹̻͍̼̼̳̳̫̲̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫͂̈́̾͆͆̽̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͅͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̚ആഇഈഉഊഋഌ഍എഏഐഒഓഔകഖഗآآآآآآآآآآآآ آآآآآآآآآآآآ᧿᧠᧡᧢᧣᧤᧥᧦᧧᧨᧩᧪᧫᧬᧭᧮᧯᧰᧱᧲᧳᧴᧵᧶᧷᧸᧹᧺᧻᧼᧽᧾᧿ آآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ ����������آآآآآآآآآآآآآآآآﻁﻂﻃﻄﻅﻆﻇﻈﻉﻌﻍﻎﻑﻒﻓﻔﻕﻖﻗﻘﻙﻚﻛﻝﻞﻟ آآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ ﻁﻂﻃﻄﻅﻆﻇﻈﻉﻌﻍﻎﻑﻒﻓﻔﻕﻖﻗﻘﻙﻚﻛﻝﻞﻟآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ آآآآآآآآآآآآカイゾウṌᵖآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ ؀؁؂؃ڡڢڣڤڥڦڧڨکڪګڬڭڮگڰڱڲڳڴڵڶڸڹںڻڼڽھڿګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴ ꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷ カイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖ ꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷꬂꬊꬁꬓꬎꬖꬅꬊꬒꫫ꫱ꫢꫴꫮꫳꫤꫳ꫱ꫡ꫱ꫵꫯꫧꫬꫫꪫꪱꪰꪳꪵꪷ ڏڐڑڒړڔڕږڗژڙښڛڜڝڞڟڏڏڐڑڒړڔڕږڗژڙښڛڜڝڞڟڏڏڐڑڒړڔڕږڗژڙښڛڜڝڞڟ .̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨..̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨カイゾウṌᵖカイゾウカイゾウṌᵖカイゾウ࿉ ໋࿉ ໋࿉ ໋࿉࿉ ໋࿉ ໋࿉ ؟؛ؒؠء؛آئ؟اؗ؛ؙؠؑبتؤخ؟؛ؒؠء؛آئ؟اؗ؛ؙؠؑبتؤخ࿉ ໋࿉ ໋࿉ ໋࿉࿉ ໋࿉ ໋࿉ ࿉ ໋࿉ ໋࿉ ໋࿉࿉ ໋࿉ ໋࿉ ̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨ カイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖカイゾウṌᵖ آآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤ .̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨ݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢ.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨ ݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤݢݣݤ گڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬگڰڱڲڳڴګڬڭڮگڰڱڲڳڴګڬ ݏܸܹܲܣܩܨ݈݉ݍޙޘޓޣޟޞޗޣޢޑޠީݏܸܹܲܣܩܨ݈݉ݍޙޘޓޣޟޞޗޣޢޑޠީݏܸܹܲܣܩܨ݈݉ݍޙޘޓޣޟޞޗޣޢޑޠީ 😋😃😅😆😁😢😭😣😡😌😖😔😱😏😓😉🏠🏢🏣🏥🏦🏧🏨🏪🏫🗻🔧👟👠👓👕👖👑👛💰��܀�����🏢🏣🏥🏦🏧🏨🏪🏫🗻🔧👟👠👓👕👖👑👛💰🏢🏣🏥🏦🏧🏨🏪🏫🗻🔧👟👠👓👕👖👑👛💰 .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ .͠͠͠͠.͠͠͠͠.͠͠͠͠͠ ※ Op€̳̩CustomOp€̳̩CustomOp€̳̩CustomOp€̳̩CustomOp€̳̩Custom ̷̶̵̶̨̢̡̡̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̓̑̑̋̍̆̄̚͵̷̸͓͇͕͕͕̣̣̦̯͋ͤͬͫͥ͢͜͜͝͝͝ӧ̸̸̴̼̺̻͍̈́͂̓͆͆͆̿̿̽̽̽̽ͣ͜͜͜͢ʹ̸̵̶̴̵̖̳̳̫̫̬̮̮͇͇͇͇͇̺̺͚͚͙͚ͪ̅̿̿̿̾̈́̓́́̀ͣͦ̚͢͡͠͡ͺ̸̺ͫͫͪͣͤͦͧ̓̈́͆͆͏͏̻̳̿ΐͥͥͥ͛ͫ͌ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡˂ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡ΰ̷̶̵̶̨̢̡̡̼̹̻͍̼̼̳̳̫̲̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫͂̈́̾͆͆̽̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͅͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̷̶̵̶̢̨̢̡̡̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ̚͢͢͞͞͝͡ͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̓̑̑̋̍̆̄̚͵̷̸͓͇͕͕͕̣̣̦̯͋ͤͬͫͥ͢͜͜͝͝͝ӧ̸̸̴̼̺̻͍̈́͂̓͆͆͆̿̿̽̽̽̽ͣ͜͜͜͢ʹ̸̵̶̴̵̖̳̳̫̫̬̮̮͇͇͇͇͇̺̺͚͚͙͚ͪ̅̿̿̿̾̈́̓́́̀ͣͦ̚͢͡͠͡ͺ̸̺ͫͫͪͣͤͦͧ̓̈́͆͆͏͏̻̳̿ΐͥͥͥ͛ͫ͌ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡˂ʶ̴̴̢̣̣̤̪̫̳̫̫̫̬̪̫̤̪̲̺̳̳̲̩̪̫̻̺̫̫̫̫̥̫͓͓͓̋̓͛͜ͻ͚ͣͭͦ͢͢ͽͤͣͣͤͦͤ͜;͓͓͔ͤͪͪͥͤͮͮͤͥͦ͌͋͌͢͢͡͡͡ΰ̷̶̵̶̨̢̡̡̼̹̻͍̼̼̳̳̫̲̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫͂̈́̾͆͆̽̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͅͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̚ ̷̶̵̶̨̢̡̡̱̲̻̳̺̼̼͚̪̩̰̤̫̫̽̽̽͆̾̿͆̾͛ͪͥͥ͢͢͞͞͝͡ͺ̸̷̶̵̢͔͓̺͇̳̲̲̳̣̤ͪͪͣͣͭͭ̈́̾̿̿̿̅̌̆̆̆͡΅̸͚̺͎͖͛͛ͣ͆̈́̓͌͆͢ͅ͏̢̛̛̫̫̪̫̮̞̤̦̥̥̓̑̑̋̍̆̄̚͵̷̸͓͇͕͕͕̣̣̦̯͋ͤͬͫͥ͢͜͜͝͝͝ӧ̸̸̴̼̺̻͍̈́͂̓͆͆͆̿̿̽̽̽̽ͣ͜͜͜͢ʹ̸̵̶̴̵̖̳̳̫̫̬̮̮ͪ̅̿̿̚͢͡͠ആ 雑魚荒らしだなぁw この長文をコピーしてペースト しまくって超長文にして 送りつけたら重くなるよw 俺はもう荒らしから降りた 後はお前が継げw 2019年8月14日 21:45#274528返信 匿名 >>274521 まずそんな言い方してなかったぞw 2019年8月14日 21:37#274527返信 匿名 >>274517 お前全部自演してんのか凄いな 頭いかれてるな 前に見てる人は分かるからやめた方いいぞ? リセマラ書いた人はリセのことしか書いてないからな お前みたいなテンション高くなる奴いるから皆さん迷惑するんだよ 消えろ 2019年8月14日 21:36#274525返信 匿名 まだ使えるな 2019年8月14日 21:33#274524返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」 >>274523 だから言ってんじゃん  データ発行って 2019年8月14日 21:31#274523返信 匿名 >>274521 おいおいまた始まったか! お前自演やめとけな リセマラ書いた人は喧嘩吹っ掛けて ないし、相手にしてないぞ? お前がリセマラの書いた人のふりして バグやるな 毎回同じことの繰り返しだな 叩かれれば消すバカだな 2019年8月14日 20:55#274522返信 匿名 >>274521 それじゃ甘いんだよカスが! 開けなくなるくらいやれや! その程度じゃ荒らしにすらなら ねえよ! 2019年8月14日 20:53#274521返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」 もうあれだけ言ってんじゃん 引き継ぎだってわかってよおおおおおおおおおおおおおおおお 2019年8月14日 20:53#274520返信 匿名 このリセマラの人めっちゃイライラモードでウケるんですけど イライラ抑えられないとか小学生やん 2019年8月14日 20:52#274519返信 匿名 荒らしくん、ページが無限ロードになるくらいやってみろよ この程度じゃまだまだだよ 前の荒らしの後継者とは言うまいな? 2019年8月14日 20:51#274518返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」 >>274510 だからリセマラじゃないから   データ発行してやるんだよ 2019年8月14日 20:50#274517返信 匿名 >>274508 タイトルで引き継いでアカウントを変えるんだろ? 2019年8月14日 20:49#274516返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」 >>274502 雑魚はおめーだ 2019年8月14日 20:48#274515返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」 >>274502 クソ雑魚が 2019年8月14日 20:47#274514返信 匿名 どーでもいい 2019年8月14日 20:43#274512返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」」 >>274502 何回も同じこと言わせるな 2019年8月14日 20:43#274513返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」」 >>274502 何回も同じこと言わせるな 2019年8月14日 20:43#274511返信 野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」野獣「ん~。いい時には結構いくね、結構ねぇ」 野獣「そうだねぇ」 野獣「結構楽だったよね」 野獣(野獣邸を指差し)「こ↑こ↓」 遠野「はぇ~、すっごい大きい…」 ※2人して野獣邸へ入る ※ガチャン!ゴン! 野獣「入って、どうぞ」 遠野「あっ、おじゃましまーす」 遠野「家の中だぁ…」 ※ギィー、ガッタン! 野獣「†悔い改めて†」(いいよ上がって) 遠野「あっ…すいません」 遠野「本当に大きいっすね~…」 ※野獣邸内のソファに座る2人 遠野「今日は本当疲れましたよー…」 野獣「ねー今日練習きつかったねー」 遠野「ふぁい…」 野獣「まぁ大会近いからね、しょうがないね」 遠野「そぅですよね…」 野獣「今日タァイムはどう?伸びた?伸びない?」 遠野「大したことないです…」 野獣「緊張すると力出ないからね」 遠野「そうですよね…」 野獣「ベスト出せるようにね」 遠野「はい…」 野獣「やった方がいいよね。うん」 遠野「はい」 野獣「まず(あのさ)うちさぁ、屋上…あんだけど…」 遠野「はえ~」 野獣「焼いてかない?」 遠野「あぁ~いいっすね~」 野獣「ウン」 ※場面変換して屋上に。2人で競泳パンツ(野獣はSPEEDO社製)に着替える ※ブロロロロロ…ブロロロロ… ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン(迫真) 遠野「見られないすかね…?」 野獣「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」 ※屋上に寝そべる二人 遠野「暑いっすねー」 野獣「暑いねー。オイル塗ろっか」(滑舌が悪く「オイル・ヌ・ロッカー」と聞こえる) 遠野「ああ…」 野獣「塗ってやるわ」 遠野「あー、ありがとうございます」 ※後輩にオイルを塗りながらわざとらしく股間を触る 野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁオイ」 遠野「いやそんなことないっすよ…」 遠野「先輩だめっすよ…」 野獣「どんぐらいやってないの?」 遠野「2ヶ月くらい…」 野獣「2ヶ月…だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン」(「危ないじゃん」もしくは「それじゃ」) ※否定しつつも反応を見せる遠野の股間を見て野獣の汚いドアップに。野獣の眼光がギラリと光る ※交代し、遠野がオイルを塗る 野獣「あんまり上手いから気持ちよくなってきちゃった…」」 >>274502 何回も同じこと言わせるな 2019年8月14日 20:41#274510返信 匿名 >>274508 まーたお前か 荒らすなクソが 1 2 … 10,572 → 送信

    いうてこれもあんまりだけどね
    2019年8月14日 21:57#274529返信

    ആഇഈഉഊഋഌ഍എഏഐഒഓഔകഖഗآآآآآآآآآآآآ آآآآآآآآآآآآ᧿᧠᧡᧢᧣᧤᧥᧦᧧᧨᧩᧪᧫᧬᧭᧮᧯᧰᧱᧲᧳᧴᧵᧶᧷᧸᧹᧺᧻᧼᧽᧾᧿ آآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآآ

    #274526 返信

    匿名

    どーも あほイブニング!

    #274500 返信

    匿名

    和解の印だっけ?
    後編イベからなくなったんだけど
    どうしたらいいか誰か教えてください

    #274370 返信

    匿名

    >>274187
    課金

    #274264 返信

    匿名

    そんなもんキャラによっては延々に終わらんだろ
    糞めんどくせえからそんな効果いらんよ

    #274223 返信

    匿名

    受けるスキル0にならないんですよ なぜでしょうか?

    #274193 返信

    匿名

    質問です。忍具で、受けるスキル半減、隊長スキルで、やはり受けるスキル半減にしたら、受けるスキルダメージ0になるはずですよね?あくまで半減しかならないんですかね?

    #274187 返信

    匿名

    誰か石の集め方しんね?
    すぐクリアできるミッションもイベントも物語も終わらせちって石あつめらんねぇんだけど

    #273823 返信

    匿名

    >>273778
    それ昨日一人で急にテンション高くなってた奴だぞ!
    みんなから言われておそらく消す為の荒らしやぞ!
    それと自演して長文荒らしするぞらしきこととか言ってたからな!

    #273821 返信

    匿名

    雑談書き込めるようにしましたよー

    #273800 返信

    匿名

    >>273799
    フィルター

    #273799 返信

    匿名

    お前らこんなクソサイトじゃなくて5ちゃんのナルコレスレ池よ

20件の投稿を表示中 - 1 - 20件目 (全18,499件中)
返信先: 初心者&質問掲示板
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">